www.99663.com

タグ:EF50mm F1.8Ⅱ ( 10 ) タグの人気記事

612 Scaglietti

c0004915_2202955.jpg
実車を見たのは初めてだと思います。溜め息が出る程、「美しい」と思いました。整ったガレージで眺めていたいクルマです。ただ、フロントのナンバープレートが、どうにも邪魔。

More
[PR]
by minamitsubame | 2009-07-08 21:29 | Others

七夕

c0004915_21582017.jpg
今日は七夕です。織り姫と彦星は逢瀬を楽しんでいるというのに、僕は相も変わらず「お客様」達の接待と書類に追われています。朝までに目を通し、コメントを記載しなければならない書類が約50。そして、書類を片付けても、翌朝は外来が待っています。

誰にも、何物にも邪魔されず、ただひたすら欲するままに眠り、「眠ることに疲れた」と感じて体を起こす瞬間を味わうこと。こんな願いを短冊に書かれても、彼らは迷惑に思うだけでしょうか。
[PR]
by minamitsubame | 2009-07-07 23:19 | diary

men and woman

c0004915_20243246.jpg
数分前まで悔し涙を流していたことは明らかだった。目を真っ赤に腫らし、下唇を噛みながら口を真一文字に結んで、女が部屋に入って来た。今にも泣き崩れそうな表情の中に、怒りに燃える瞳だけが赤く光る。部屋にいる誰にも視線を合わせず席に着いた。女が遅れて出現したことで、終盤に差し掛かっていた会議は凍りつき、不毛な結論しか選び得ない憂鬱な議題に一層暗い影を落とした。女が部屋にいるメンバー全員、特に上座に位置する二人の男を敵視していることは明らかだった。

トゥルルル、トゥルルル、トゥルルル・・・。

受話器の向こうで虚しく響く呼び出し音が、男達の行く手に厚い暗雲が垂れ込めたことを予感させた。会議の始まるわずか30分前に、女がボスに呼ばれたのを上座に位置する二人の男達は知っていた。この戦法が内部分裂を誘発させたい時にボスが好む常套手段であり、内部分裂を起こすことで二人により一層の圧力をかける為に、ボスが最適な人選を行ったことを二人は悟った。

予測通り、会議は最後の場面で踊り、険悪なムードを残したまま終了した。

More
[PR]
by minamitsubame | 2009-06-20 23:50 | Fiction

Sunday night Starbucks at Meguro Station

c0004915_22294129.jpg
Starbucks、僕にとって唯一無二の存在の一つ。大げさかもしれませんが、Starbucksがなければ、今の僕はなかったはず。1996年(平成8年)に銀座松屋通り店がオープンしていますが、初めて銀座松屋通りにStarbucksを訪れたのは、確かその2年後だったはずです。落とし気味の照明とコーヒーの香り、僕は喫茶店が苦手なんですけど、Starbucksの雰囲気は気に入りました。最近業績が落ちているようですが、どこにでもあるコーヒー屋さんではなく、「Starbucks」として在り続けて欲しいものです。

ココアを飲みたがった子供の為に探したStarbucks Coffee。妻がコーヒーを買いに行っている間にゲレンデの窓を開けて撮った一枚。AFは何ともeasy。
[PR]
by minamitsubame | 2009-05-28 22:29 | Photograph

Sunday night Drive

c0004915_22241165.jpg
外はまだ小雨がぱらついていましたが、どうしてか無性にドライブがしたくなって妻と子供達を連れ出しました。とは言っても、翌日早朝勤務のある日曜の夕方、夜中にはモナコGP放送、さほど遠くへは行けません。ゲレンデの舵を第三京浜上り線に向かって切り、あとは気分で適当に交差点を右左折。静かな寝息をたてる子供達を横目に、東京タワーの真下を通り、閉店してしまった品川駅前ホテルを眺め、目黒駅のスターバックスでコーヒーを飲み、一緒に持ち出した40Dで適当な写真を撮りました。

Apertureで「明るさ」「シャドウ」のみ手を加えていますが、諭吉いらずの「いかにも」という安っぽいレンズが、これほどの描写力を持っていることに感動してしまいます。ちなみに、AvモードでF1.8、シャッタースピードは1/40secに自動設定。要するに、誰でもこの描写力を楽しめる、とうことで、それがこのレンズの凄さだったりするわけです。「撒き餌レンズ」という渾名は、実は勲章なのかもしれませんネ。
[PR]
by minamitsubame | 2009-05-27 00:24 | Photograph

Black out

c0004915_22225372.jpg
c0004915_2223724.jpg

[PR]
by minamitsubame | 2009-05-24 22:23 | Mercedes

AMG M156

c0004915_1644673.jpg
写真は某所で二週連続で見かけたナナハンです。HONDA steedと今週も並んでとまっていました。バイクはボディ全面にナンバーがなくて良いですね(笑)。ちなみに、この写真は本文とは何の関係もありません。

今週も先週に引き続き横浜市内某所でランチしてきました。二週続けて同じお店でランチなんて、余程気に入ったんだねぇ、と言われそうですが、いえいえ、お目当てはお子様ランチに付いてくる「風船」だったんです。ウチの少年達にリベンジさせてあげようというわけです(笑)。話の本題ではありませんので結果はサラッと流しますが、無事にリベンジできたようです。風船を家に持って帰った少年達は大騒ぎ。それはそれで疲れる結果となったのでした。

この日、僕のお目当てはAMG、それもM156型エンジンでした。そのM156型エンジンを積んだC63 AMG ステーションワゴンがお店のすぐ近くで展示されていたわけで、それが二週連続のランチと風船リベンジにつながったことは家族には内緒です(笑)。さて、このM156型エンジン、AMGが設計開発した6208cc DOHC V8エンジンで、入れる器によって457ps(61.2kgm) 〜525ps(64.2kgm)まで出力に幅がありますが、環境性能まで配慮された高回転型エンジンです。往年の300SEL 6.3にちなんで命名されたとされるAMGの自信作。まあ、そのカタログスペックは良いとして、体感的に「楽しそうな」エンジンかどうか、とても気になっていたのです。

ヴァンッ!

キーをひねった瞬間の勇ましい咆哮、鋭い吹け上がり。わざわざエンジンを切って、二回繰り返してみました。営業マンは苦笑いしていましたけど、こっちはそれどころではありません。久しぶりに背筋がゾクゾクしました。キャビンは文句なしに快適で最新装備満載、ちょっと豪華なセダンという印象そのものなのに、「このクルマは本当にセダンか」と疑いたくなるほど不釣り合いな勇ましいアイドリング。思わずニヤついてしまうほど体感的に良いです。それがポルシェやフェラーリといったスポーツカーのエンジンなら驚きもしませんが、その勇ましいアイドリングはCクラスワゴンのものなんです。これがAMG流の「狂気」というやつでしょうか。Mercedesの子会社となる前と比べれば「ぬるく」なったのかもしれませんが、十分すぎるほどの魔力を感じました。安易に近寄るとギャフンと言わされそうです。凄いクルマに出会ってしまいました。
[PR]
by minamitsubame | 2009-04-26 16:42 | diary

家に置きっ放しのLeica

c0004915_22241720.jpg
Leica M8とSummilux 50mm F1.4が我が家にやってきて一週間という時間が過ぎましたが、なかなか彼らには出番がありません。Leicaを使い始めたばかりの僕は、Leicaが最も「らしい」絵を切り取ってくれるのは開放を使い易い薄暗い時間帯である、と考えています。もちろん、使い慣れれば快晴の青空の下でも、開放ではなく絞った状態でも、「らしい」絵を切り取れるようになるのでしょうが、なにせMFに四苦八苦している状態ですので(笑)、それはまだまだ先の話になりそうです。だからといって今の状況が不満なわけではありません。自分の機械としてLeicaが手に届くところに在る、今はそれだけで十分満足しているからです。

ところで、僕がLeicaを買ったのは、どうしようもなく「Leicaの切り取る絵」が欲しくなったからです。「Leicaの切り取る絵」が自分の求める写真像と重なったわけです。だからこそ、「時を記憶と共に切り取る機械」に手を出した。でも、「写真を撮る」という行為そのものにあまり興味がなかったら、当然のことながら、Leicaには手を出さなかったでしょう。Leicaは、ちょっと不思議な雰囲気の写真が撮れる高価な写真機以外の何物でもなかったと思いますし、ただ写真を撮るだけならコンデジ、もしくは携帯のカメラ機能で十分と判断したと思います。

価値観は人それぞれ。周りにどんなに持っている人が多くても、「自分が求めるモノと一致すること」、かつ、「自分が値段相応の価値観を見出せること」、その二つを満たさなければ、「欲しい」とまでは思えないものだと思いますよ。
[PR]
by minamitsubame | 2009-04-24 22:24 | Photograph

Starbucks Coffee

c0004915_19331472.jpg

[PR]
by minamitsubame | 2008-04-29 19:34 | Photograph

無影燈

c0004915_21153750.jpg
一度撮ってみたかった場所です。個人的にとても思い入れがある場所であり、おそらく二度と撮ることはない場所です。被写体にして良い場所ではなさそうです。
[PR]
by minamitsubame | 2008-04-07 21:17 | Photograph