www.99663.com

<   2008年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

HANS

c0004915_20272184.jpg
c0004915_20393720.jpg
http://hansdevice.com/site/index.html
http://hansdevice.com/s.nl/sc.5/category.30/.f
http://hansdevice.com/shop_online/HANS-Devices-Sport
http://hansdevice.com/s.nl/it.I/id.38/.f?sc=8&category=108
http://www.mola-international.co.jp/index.html
http://www.mola-international.co.jp/cgi-bin/pedit/hans6.cgi


UTMさんが「HANS」の購入を検討しているというので調べてみました。僕の場合、首廻り38cmちょいでクルマが996なので「20ME」となり、ヘルメットクリップ取付け費用込みで152670円です。これなら購入可能でしょうか。
[PR]
by minamitsubame | 2008-02-25 20:27 | Porsche

車検

c0004915_15551153.jpg
今日は早起きして早朝ドライブを楽しんできました。1号横羽線を上り環状外回りを1周、レインボーブリッジを渡って湾岸線西行きに乗り、大黒PAへ。久しぶりに6000回転以上の咆哮(とは言っても、室内に響き渡るエンジン音のことですけど)を聞きました。この「咆哮」、良いんですよ、すごく。頭が真っ白になります(笑)。これを体験できるだけでも996GT3に乗る価値がある、と思ってます。
大黒PAに向かったのは仲間と会うためでしたが、そこで待っていたのはFerrari 512BB、F430、F355、後期型996GT3、964RS、E46M3CSL、ALPINA。周りから見れば強烈な集団だったかもしれません、色んな意味で(笑)。寒風吹き荒び、取締りの準備に警察がウジャウジャいるPAで1時間半ほど談笑した後(無論、体は冷え切りました)、CREFに移動し車を預けてきました。車検は今回で2回目です。僕のクルマにとっては3回目、になります。お願いした作業はブレーキのエア抜きとワイパーゴム交換のみ。車検前の点検でどんな不具合が見つかるか分からないので、大きな作業はとてもじゃないですが頼めませんでした(笑)。
[PR]
by minamitsubame | 2008-02-24 15:56 | Porsche

宙に舞った911GT1

http://www.youtube.com/watch?v=r-lnm4QJpc8
http://www.youtube.com/watch?v=wM4guvo6Ifo
[PR]
by minamitsubame | 2008-02-23 18:32 | Porsche

終焉

それは突然、僕の意思とは関係なく起こった。
まだ僕の前に間違いなく存在すると思っていたのだが、
それは唐突に、僕の前から姿を消した。
もちろん、「僕の意思が優先されるはずだった」とは思っていない。
遊びではないのだから、仕方が無いことだ。

三叉路の一本が強制的に排除されたことで、
僕が進むべき道は、当面一本に絞られることになった。

もう一本、路があるにはあるが、
そちらは、今現在、僕が進むべき路ではないと思っている。
時が来れば、また僕の前に現れるはずであり、
再び僕に猛烈な悩みを提示することになるだろう。

僕は今、実に不思議な感覚に包まれている。
落胆と安堵、そのどちらもが存在している。
失ってしまったことに対して、心底落胆している僕と、
とりあえず迷う必要がなくなったことに、
そして別れる必要がなくなったことに、安堵している僕がいる。

今後、おそらく二度と体験できないであろうことを考えると、
「残念ではない」と言えば、それはまるきり嘘になる。
しかし、それを体験するには相当な覚悟が必要であり、
覚悟を決めるにはあまりに時間が無さ過ぎたのも事実。

「しまった」と思う反面、後悔は、ない。

自分が進むべき路が明らかとなり、むしろ気分は晴れている。
空に行くか水で行くかは、再び分岐点に差し掛かった時に考えればいい。
今は水で行くべき時であり、僕にとっての水は今の「GT3」しかない。
[PR]
by minamitsubame | 2008-02-22 23:26 | Porsche

古き良き・・・

c0004915_16221431.jpg
E30M3のリアウイング。E46M3に乗っていたわずかな間、この形のE46用ウイングを探しました。社外品として存在することは確認しましたが、結局ノーマルのままE46M3とはお別れしました。E46M3CSLのダックテール風に跳ね上がったトランク形状も良いですが、僕はこのあからさまなウイングが大好きです。
[PR]
by minamitsubame | 2008-02-20 16:22 | Others

RUSH耐久鈴鹿祭り

注)下の画像はエントリーと直接的な関係はございません。
c0004915_18285924.jpg
RUSH CUP '08 Series
昨年の「RUSH耐久鈴鹿祭り」からあんまり時間が経ってないので「今年も来たぜ!」という感に欠けますが・・・今年も参加することになりました(笑)。僕にとっては改修前の鈴鹿を走る最後のチャンスなので、クルマを壊さない程度に楽しんで来ようと思ってます。
[PR]
by minamitsubame | 2008-02-17 00:27 | Porsche

997GT3RSR

c0004915_94094.jpg

[PR]
by minamitsubame | 2008-02-16 09:40 | Porsche

もう一台のカップカー

2月中はサーキットに行く予定がないのでネタがありません。
というわけで、「むしかえし」です(笑)。
c0004915_19485140.jpg
水冷911のカップカーです。
このクルマは99年式の996カップ。
公称370馬力、車重1160kg。
スリックタイヤでFSWを1分50秒前後という戦闘力だそうです。
このクルマは既にナンバーが付いています。
公道を走る上で最低限必要な装備は装着済み、ということです。

車重1160kgというのは、964カップとほぼ同等です。軽いですね。
アンダーコートなどありませんから小石の当たる音が聞こえるそうです。
やる気満々のドンガラボディ、張り巡らされたバイザッハ謹製溶接ロールゲージが魅力的。
でもエンジンとミッションがリジットなので振動と騒音は相当なモノのようです。
乗り込むのに慣れていないとスジを傷めそうなサイドバーが印象的です。

仮に僕がGT3と同じように使うとすると、問題となるのは次の4点です。
1)絶望的に切れないステアリング
2)センターロック式のホイール
3)直管マフラーによる爆音
4)冷間始動時にアイドリングが安定しない

「根性なしは乗るな!」というわけではないのでしょうね。
元々レースのことだけしか考えられていないわけですから。

これらの問題には解決策があるようです。
そのままで乗れないのが残念ですが、仕方ないですね。
資金力があればそのままで乗れるわけですが、手間が掛かりすぎです。
それが不可能で街乗りもしようと考えると更に金が掛かる。
ジレンマですね。

さて、「むしかえし」はここまでです。
新たなネタを提供できなくてすみませんね。

僕のGT3、今月車検に出すんです。
色々とボロが出そうで怖いです。いくら掛かるんだろ。
買ってから2年というのに、30回以上サーキットを走ってきましたから仕方ありませんが。
ついでに運転席側のシート、座点を少し下げてもらおうかな。
あ、ワイパーブレードも新品に交換してもらわなきゃ。
[PR]
by minamitsubame | 2008-02-09 19:49 | Porsche

2年ぶりの積雪に惑わされる・・・。

今日は仲間と一緒に筑波サーキットに行く予定でした。しかし、天気予報は昨日の時点で今日の天気を「雪」と報じていました。気象庁リアルタイムレーダーで確認すると、天気予報通りに南から雨雲が北上して来るのが分かります。すでに溝のないSタイヤを履いている僕のGT3ではリスクが高いので、主催者に欠席の意向を伝え、昨日の夜は「チーム・バチスタの栄光(上)」を読み終えてから床に入りました。
c0004915_1535345.jpg
仕事に行く必要がなくダラダラと朝寝を楽しめることが最近は特に幸せだと感じるようになりました。主催者から「筑波サーキットからコースクローズドと連絡があった」とお電話頂くまで布団の中でゴロゴロしていました。「あ~、今日は仕事に行かなくて良いんだ」と目覚めた時に気付くことの幸せといったら。外は天気予報通り一面の雪だったので、外出することもなく「チーム・バチスタの栄光(下)」を読みながらのんびり過ごしました。

ところで、この記事は964cupさんの記事、「ポルシェが嫌いだった」に関連しています(笑)。

僕の996は今年車検です。今月末にはCREFに出すことになっています。ここ数年というもの、ほぼ2年間でスポーツカーは乗り換えてきました。車検を通したスポーツカーはゼロだったのです。なのに996は車検を通すべく準備しています。気持ちが離れるまでが短い僕にとって、これは画期的な出来事です。断っておきますが、964への浮気心は今も燻ったままです。良い出物がないか、毎日のように目を光らせています(笑)。でも、「思い立ったら即実行タイプ」の僕が964に走らないのは、996を手放すことに後ろ髪を引かれているからに違いありません。

暇に任せて朝からNET上を徘徊し、964cupさんのブログを訪れたわけですが、「ポルシェが嫌いだった」を拝見してまず感じたことは、同じ911乗りにも関わらず「RR」「空冷」「床からペダルが生えている」のいずれも「理解できない」ということでした。僕の996に対する理解は「MRのような挙動を示すRR」「今まで乗ってきたクルマと同じ水冷エンジン」「国産車と同じペダルレイアウト」です。だから、いずれも理解できない(笑)。同じ911だというのに、まるで全く別のクルマのようです。964に乗り換えたら、また一から時間をかけて964に慣れていく必要がありそうです。

今現在996に感じている不満は「やや大きく感じるボディサイズ」「白というインパクトに欠けるボディカラー」だけです。964cupさんの仰る通り996も「タフで速い911」であることに間違いはありませんし、それでいて基本的に気難しいところはなく、とても気楽に乗れるクルマだとも思います。「磨いて、鑑賞して、見せびらかす(笑)」という楽しみは個人的には感じませんが、ドライブやサーキット走行においては何も不満はありません。加えて、まだ僕はサーキットでの「タイム」にこだわっている(笑)。僕は「そのクルマと共に生活し、クルマの持つ最大の性能を引き出すことを楽しむこと」で満足できる「大人」ではまだないようです。

そんなわけで、赤や白の964RSに目が行ったり、修復歴のあるルビーストーンレッドの964RSCSを検討したり、はてはルビーストーンレッドの964Carrera2に引き寄せられたりしている割には、そのどれにも最終的に手を出さないでいるわけです。自分にとっての「911の楽しみ方」がまだ確立していないわけですから、当たり前でしょうか(笑)。でも964cupさんの写真にはまたも強烈な刺激を受けました。マリタイムブルーという原色系のボディカラーとグラマラスなボディ形状を素直に「美しい」と思ってしまいました。見せびらかせる程ビカビカに磨き上げた原色系の964に乗ってサーキットを全開で走る。タイムは996より落ちるでしょうが満足度は今以上に高いカーライフのように思えてきました。

マズイ。シャケンヲトオストキメタバカリナノニ・・・。
[PR]
by minamitsubame | 2008-02-03 15:05 | Porsche

Idlers club member

c0004915_19542493.gifidlers club memberに申込みました。理由は「実際に参加してみて、とても楽しかった」、これに尽きます。今年もidlers gamesを楽しみたいです。
[PR]
by minamitsubame | 2008-02-02 19:55 | Others