www.99663.com

<   2007年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

カーボンミラー・・・?

今日は昨日一昨日と違ってとても良い天気でした。7時過ぎに起きだして外に出ましたが、Tシャツだけでは肌寒くフリースを着るとちょっと暑い、洗車にはうってつけの朝でしたね(え?起きてない?)。というわけで、今日は朝一から洗車しました。それも珍しく2台。いつもは洗車といえばBMWだけです。BMWは日常の足&家族用なのですぐに汚れてくるし、家族用の車が汚いままなのは嫌なので、どんなに放置しても2週間に一回は洗車します。

E87の最大の欠点は、車の後面が異様に汚れやすいことだと思っています。粒子の細かい砂や鉄粉(?)がリヤゲート全面に付きやすく、リヤバンパー上面に黒いまだら模様ができてしまいます。リヤタイヤにマッドガードがないことが原因だと思うのですが、新しいE87では改善されているのでしょうか。アフターマーケットにさりげないパーツが出ているなら購入したいところですけど・・・Studieに問い合わせてみましょうか。。

BMWやベンツってフロントホイールが異様に汚い車が多いじゃないですか。僕はあれが大嫌いなんです。フロントホイールが汚れる原因はブレーキパッドのダストなんですけど、どんなにボディがピカピカでもフロントホイールがド汚いのはNGです。僕はホイールをRacingHartに換えているのですが、理由は「格好良く見せたい」からです。ですから洗車時に面倒になりがちなホイール洗いもスポーク1本ずつスポンジで洗っています(5スポークの洗い易いホイールを選ぶべきだったと後悔することもしばしば・・・)。ダストの少ないパッドに換えれば済む話ですが、純正パッドの制動力には何の不満もありませんし(そもそも無茶な運転はしてないので)、制動力の高いパッドを入れるならもっとグリップするタイヤが必要だし、何よりわざわざ社外品を探して交換してくれるショップに行くのが面倒です。純正品なら担当の営業マンに「換えといて」で済みますからね。

さて、いつもならBMWを洗車してお終い、なのですが、今日はもう一仕事しました。いつもCREFに預けた時しかしない(要するに、「いつもCREFで洗ってもらっている」ということです、笑)GT3の洗車をしたのです!でもフロントだけ(爆)。全体を洗う気力と体力、ついでに時間もありませんでした。普段GT3を洗わないのはサーキット走行以外使っていないこともありますが(保管は地下駐車場なのであまり汚れないし)、BMWを洗車したあとではGT3を洗う気力がもたないからです。にも関わらず、フロントだけとはいえGT3を洗ったのは、オイルを浴びてしまったからです。台所洗剤「ジョイ」とたっぷりの水を使ってオイル(おそらくは32GTRのデフオイル)を落としました。これで虫とオイルは綺麗に取れましたが、あわよくば、と思っていたタイヤカスの痕は落ちませんでした(そんなに甘くはないですね、笑)。

2台の洗車を終えると、すでに約束の時間が迫っていました。今日はCREFに作業予約を入れてあったのです。UTMさんがレンシュポルトカップの優勝報告に来るということだったので遅れるわけにはいきません。横浜横須賀道路→湾岸横浜線→第三京浜とドライブがてらやや遠回りルートをとってCREFに向かいました。

CREFにお願いした作業はブレーキ系のメンテナンスです。具体的には、エア抜き、フロントパッド交換(PAGID、もうすぐ個人輸入しますよ!)、足回りの小細工、パーツの取り付け、スリック状態になった左リヤタイヤ交換(2005年製の2部山048、CREFにて熟成、爆)。11月5日のスキルアップミーティングαに向けての準備(?)です。UTMさんが頭脳とレイン用Sタイヤで勝ち取ったレンシュポルトの優勝カップ(台座が大理石製で立派!これなら頑張る気になります)も見せてもらったし、久しぶりにfurufuru5さんにもお会いできたので楽しかったです。

c0004915_2103453.jpg←取り付けたパーツはこれ。CREFの商品で、純正ミラーカバーをカーボン加工したものです。ようやく本題です(汗)。

ミラー交換といえば、簡単でとても定番なチューニング(ドレスアップ?)メニューですね。「ガナドール」なんて懐かしい名前を思い出してしまいました。今でも現役バリバリのメーカーですし、国産車でチューニングに手を染めた方ならどんな形のミラーかはすぐに頭に浮かぶと思います。車検完全対応で純正電動機構がそのまま使えて格好良い、33GTRに乗っていた頃に装着したかったミラーです。

ミラー交換自体は微妙な軽量化にもなりますし、空力的にも微妙に良くなるかもしれません。何より車のイメージチェンジを簡単に図れるという意味で僕は肯定的なチューニング(ドレスアップ?)です。GT3に乗るようになってからも何度か検討はしていました。NSX-R時代に使っていたCRAFTSQUAREのカーボンミラーか996GT3カップカー純正品を考えていたのですが、電動ミラーでなくなることと視界が幾分狭まることがネックで思い留まっていたんです。

我が家の駐車場は全幅1820mmの立体地下駐車場です。パレットに車を入れる時にはミラーを下げてリヤタイヤを見る必要があります。電動収納ミラーである必要はないですけど、ミラーの角度を手で調節するのはとても面倒です。いちいち乗り降りして調節する姿を想像するだけでゾッとします(笑)。おまけに、未だに左ハンドル車で一般道を走ることに慣れていない僕は、ルームミラーよりもサイドミラーに大きく後方視界確保を依存しています。サーキットでは気にならない視界悪化も、一般道では恐怖に繋がってしまうのです(独身の時はこんなに臆病じゃなかったのに・・・)。

正直、ミラーのことなど忘却の彼方だったのですが、996GT3RSに乗り換えた友人の車を見た時から「カーボンミラー、やっぱり格好良いなぁ」と思い出していました。そんな時にタイミング良くCREFが純正パーツのカーボン加工を始め、ショウルームに加工済みのミラーカバーが置かれたのです。商品のクォリティには全く問題を感じませんでしたが、GT3RSのクリアが剥がれてきている感じと完全にクリアに覆われた商品との間にギャップを感じて、「GT3RSのイメージにはならないんだろうなぁ」と様子を伺っていたのでした(笑)。

実際に取り付けてみると随分印象が変わるものですね。のっぺりしたサイドビュー(ボディカラーが白という膨張色のせいで余計そう見えるのでしょう)にデカールと共に適度なアクセントを付けてくれるパーツでとても気に入りました。「こんなにはまるとは思わなかった」というほどです!「たかがミラー、されどミラー」ですね。驚きました。純正ミラーカバーを加工したものなので軽量化にもなってませんし空力的にも変化なしですが、それを「どうでもいい」と思える満足感があります。純正の電動機構はそのまま使えますから、車の使い勝手には何の影響もなしです。

今後表面のクリアが剥がれてきて使用感が出てくるとなお格好良くなりそうで楽しみです。実際に装着している画像は今度撮って追加します。
[PR]
by minamitsubame | 2007-10-28 23:18 | Porsche

New カップカー from 東京モーターショウ <写真はCREFブログより無断転載>

表題の通り、写真はCREFブログから無断転載です。Mさん、Tさん、ごめんなさいm(_ _)m まずかったら遠慮なく教えてください。
c0004915_21104825.jpg
c0004915_21103943.jpg
激シブ。超乗りて~。
[PR]
by minamitsubame | 2007-10-25 21:10 | Porsche

2007.10.24 FSWスポーツ走行

c0004915_21202276.jpg
FSWのスポーツ走行枠を走ってきました。平日で午前中1枠しかなかったので空いていると思ったのですが意外に混んでいて驚きました。走行台数は30台くらいだったでしょうか。タイヤもブレーキパッドも終わりかけなので色々と練習するつもりだったのですが、ちょっと色気を出してクリアラップが取れた数周のみタイムアタック。しかしタイムは1秒台が精一杯でした(相変わらず冴えませんね、爆)。

それにしても涼しくなりました。9時くらいになると暖かくなりますが、家を出た7時前くらいは寒いくらいでした。走りだすと変わらず汗だくですが。
c0004915_21203446.jpg
今回はタイムが出ないのは承知の上で走りに行ったのですが、それはいくつか試してみたいことがあったからです。
まずGTウイングです。当然のように最高速が落ちると思っていたのですが、ウイングを寝かした状態だとほとんど最高速は落ちませんでした。そこでウイングを立てて走ってみたのですが、驚いたことに最高速には変化がありませんでした(これはラッキー)。ウイングの形状にもよると思うのですが、少なくともカップ純正形状のGTウイングでは最高速は落ちないようです。
次に1コーナーとヘアピンの立ち上がりです。どうやってもフロントが逃げることが確認できました(最終コーナーは平気なんですけどね)。アクセルをゆっくり開けるか、ブレーキのリリースを遅らせればフロントの逃げは気にならなくなりますが、コカコーラまでに到達できるスピードが確実に落ちてしまいます。ちょこっと足回りに改良を加えることにします。。。
3つ目。コカコーラと100Rです。CREFのDVD(澤選手が運転しているものです)を何度も観てブレーキングとラインを再確認しました。そして「リヤが滑ったらカウンターを当てる心構え」をして走ってみました。その結果、コカコーラの脱出速度がほぼスピン前の速度に戻りました(やった~!)。
最後におまけ。走行終了後左リヤタイヤが終わってしまったことを確認(涙)。11月5日のスキルアップまで今のタイヤで行こうと考えていたのですが。。。センター部分はスリック状態になってしまったので無理ですね。

今日は走行枠後半を黒996GT3前期型ラウンドウイング付と996GT3RSブルーデカールの3台でずっとつるんで走りました。2台とも速い速い。付いていくので精一杯でした。黒996GT3(2分切り、おめでとうございます!)はSタイヤだったので簡単に置いていかれてしまうし(僕ももちろんSタイヤでしたよ、笑)、996GT3RSはラジアルと思えないコーナーワークでとても抜ける状態ではありませんでした。目の前で996GT3RSのドリフト(はっきり言って、ドリフトしまくり!大迫力!!)を観れたのは本当に楽しかったですよ♪
[PR]
by minamitsubame | 2007-10-24 14:05 | Porsche

2007年F1第17戦 ブラジルGP

祝:Ferrari 2007年度F1ダブルタイトル獲得
祝:K.ライコネン 2007年度F1ワールドチャンピオン獲得
c0004915_12381066.jpg
c0004915_1151730.jpg
BMWザウバーとWilliamsトヨタに対する審議が終了し、劇的なK.ライコネンの逆転ワールドチャンピオンが確定しました。2007年を通じて選手権をリードし続けたL.ハミルトンでしたが、中国・ブラジルというラスト2戦で不運に見舞われ、初のルーキーチャンピオンは夢と終わりました。同時にF.アロンソの3冠も達成されることは無く、スパイ疑惑に敗れたマクラーレンはコンストラクターズだけでなくドライバーズタイトルも逃しFerrariに完敗することとなりました。しかし、ブラジルGPを常に支配したのはF.マッサだったと僕は思っています。彼は僚友のタイトル獲得に協力しブラジルGPウィナーをK.ライコネンに譲りましたが、僚友のタイトル獲得が掛かっていなければ間違いなくブラジルGPを2年連続で制していたと思えるほど安定した速さを見せていました。2008年度はF.マッサにタイトル獲得のチャンスが訪れることを願ってやみません。
[PR]
by minamitsubame | 2007-10-22 12:39 | Others

衝動買い

c0004915_22553330.jpg
旭ゲージボタル AG-8006-1
購入場所は「ABIT online Tool Store

いつもAVCOのエアゲージを使っているのですが、エアを入れることができないのでついにこちらを買ってしまいました。ホースも買ったのでもてぎでもエアを入れることができます(あの高さがネックですけどね)。
[PR]
by minamitsubame | 2007-10-21 23:00 | Porsche

フロントに245を履くには・・・

http://minkara.carview.co.jp/userid/195431/blog/3252162/
[PR]
by minamitsubame | 2007-10-18 23:17 | Porsche

996GT3Cup

まずいモノを見付けてしまいました。たまたまa-oneのHPを見ていたんです。そしたら、在庫車の中に2000年式996GT3Cupがあるじゃないですか!
c0004915_16324641.jpg
いや~、実にまずいモノを見付けてしまいました。。。超乗りたい!370馬力、車重1160kg、バイザッハで組まれた溶接ロールケージ(最近、僕のGT3はロールゲージのキシミ音がうるさくなってきました)、「サーキット走行」に関係ない装備は一切ないドンガラボディ・・・前期型996GT3で今後も走りたい人間にとって「究極」の存在です(あくまでも僕個人の意見です、汗)。

しかし、問題もたくさん。中古なので車輌の素性も気になりますが、それ以上に「果たしてこの車を維持できるか」が最大の問題として立ちはだかります。車の保管状況から排気音を純正状態まで抑えることとステアリングを市販GT3レベルまで切れるように改良することは必須ですし、冷間始動時にアクセルを煽らなくてもアイドリングしてくれるような改造(確かNEZPINさんがV-proを使って実現されていたような記憶があります)も必要です。可能であればセンターロックでないホイールに交換したいですし、リヤトレッドが市販GT3より遥かにワイド(ちなみに2001年996GT3Cupのトレッドは1515mm/1578mm)なので駐車場パレットに入るかどうかも心配です。

つ~か、乗りこなせるのか?

うむむ・・・やはり2000年式996GT3Cupは無理か。。。

More
[PR]
by minamitsubame | 2007-10-17 16:34 | Porsche

LAPタイム計算シート

とても便利なツールを見つけたのでご紹介します。「みや」さんという方が運営している「Various Canvas」というサイトにある「LAPタイム計算シート」です。(ご本人から掲載許可を頂きました。)

「富士で何秒なら鈴鹿で何秒」とか「モテギで何秒ならツクバで何秒」とか、経験則で何となく語られていますが、実データを解析した結果に基づいてそれを計算してくれるツールです。僕もやってみましたが、かなりいいセンいっていると思います。是非お試しを。


LAPタイム計算シート

964cupさんの「Motoring Days」で見つけました。FSWで実行すると他のサーキットが合わないのでモテギでやってみました。FSWも鈴鹿も「ギョエ~ッ」なタイムが出せるようです(笑)。
[PR]
by minamitsubame | 2007-10-17 15:19 | Others

物欲・・・

c0004915_21314771.jpg
AS特注可倒式ナンバープレートステー
c0004915_213222.jpg
910製フロントリップスポイラー 55000円
http://www.910corp.com/aero/vol_2.html
[PR]
by minamitsubame | 2007-10-15 21:34 | Porsche

FISCO Special Stage Trial 第3戦

c0004915_2112456.jpg
「FISCO Special Stage Trial」第3戦に参加してきました。当日は雨の降らない曇り。やっと10月らしい肌寒い天気で走るには丁度良いと思ったのですが、走行時間には日が照りだし暑くなってしまいました。しかし、このイベントは朝が早いです・・・。6時半から7時までの受付に間に合うように仲間達と待ち合わせをしましたが、海老名SAに5時半(!)集合です。4時に起床して準備をしたのですが、外は真っ暗(日の出が遅くなりましたねぇ・・・)、おまけに眠気を抑えるのに一苦労でした。
c0004915_2163339.jpg
このイベント、第3戦から排気量に応じた走行区分分けが為されていました。幾分走り易くはなったようですが、走行台数自体が前回より多くなっていたのと、やはり相当なタイム差ができてしまい「???」という感じでした。どうせならもてぎのスキルアップミーティングαのように自己申告タイムで3クラスくらいに分けてもらえると嬉しいですね。主催者側が「午前中だけで終わらせたい」ということなら無理でしょうけど。

さて、今回は久しぶりにスペーサーを装着して走ることにしました。いちいち走行前後に脱着する(自宅地下立体駐車場パレットに入らなくなると思っていたので)のが面倒でここ何回かは前後共に外していたのですが、スペーサーを外してから明らかにロール量が増えたので、自宅地下立体駐車場パレットに入ることを確認した上で再装着してみました。結果、見た目が圧倒的に良くなりました(笑)。リヤは結構なツライチで、同じ265-35/18でもRE55Sだと荷重が掛かった時にフェンダーに干渉します。もちろん、ロール量も減りましたよ(タイムアップに繋がったかどうかは?ですが、笑)
c0004915_21184444.jpg
【走行1本目】
なんと!コースイン直後の1コーナーにオイルが!しかも100Rの入り口にも・・・_| ̄|〇
「これ、オイル?水?」と思って踏んでみたら(ただのバカ?)案の定滑りました(当たり前だ・・・)。おまけに3周目くらいからミスト状のオイルを噴きながら走るR32GTRに引っかかり、煙幕攻撃を喰らったフロントガラスはみるみる油まみれに(ボンネットもドロドロになってました、涙)。・・・最悪の走り始めでした。
走行そのものは、やはりコカコーラ~100Rが鬼門。う~ん、2分切った時にどう走っていたのか全く思い出せません(ホントに2分切ってたのかな?、汗)。タイムも2分3秒台。冴えないですねぇ。4.0ファイナルとGTウイングを入れてからのベストタイムでしたが、冴えない。一緒に走った仲間達は2分切っているので、天候や路面状況に責任をなすりつけるわけにはいきません。自分の運転に問題があることは明らかで、車にタイムアップを強いるのではなく、僕の気持ちにタイムアップを強いなければならない、ということが改めて良く分かった1本目でした。

【走行2本目】
1本目を冷静に振り返ってみると、いくつか課題が見えてきました(いつも同じで進歩が見られない、涙)。
・1コーナー脱出時、ヘアピン脱出時に特に強いアンダーステア→車の鼻先は間違いなく狙ったコースを向いているのに、アクセルを開けるとフロントが外に逃げてしまいます。ブレーキを長めに残したり、アクセルをゆっくり開けたり、色々試しましたがあまり改善しませんでした。次回はフロントの車高を少し落としてみるか、フロントだけスペーサー外してみようかと思っています。
・コカコーラの進入速度が低い→それでも前回より速くなってきています。ベストタイム時の10km/h落ちくらいまで速度が乗ってきました。リヤが流れたらカウンターを当てる準備をして、もうちょっと勇気を振り絞れば戻りそうです。
・100Rのライン取りが一定せず、必ず失速する→ブレーキでフロントをイン側に向けるのに失敗し続けてしまいました。何度か車が曲がらずアウト側にコースオフ・・・。しかし、これはUTMさんの後ろを走れたお陰で光明が見えてきました。
でも、一番の課題は、トラウマの払拭のようです。まだ引きずっているんですね、コカコーラでのスピン(爆)。リヤタイヤのスライドに対する恐怖感から車をアンダー方向にセッティングし過ぎていることが諸悪の根源であることには気付いています。これを克服できるかどうかが鍵ですね。克服できればタイムは戻るでしょうし、克服できなければ戻らない(なんてシンプルなんでしょう)。
しかし、UTMさんの後ろを走ったわずか2周で、何かを確実につかんだような気がしています。タイムも1秒台と3秒の壁はあっさり破れましたし(2分フラットが遠い20分間でしたけど・・・)。リヤがスライドするという予測とカウンターを当てる準備が足りないのと、リヤの大きなスライドを感じた時にパニックブレーキを踏む悪い癖を何とかしないといけません。仲間達は次々にベストラップを更新していくので僕も置いていかれないように頑張らないといけませんね。

【追記】
自宅地下立体駐車場パレット総幅:1820mm
996GT3純正トレッド(F/R):1475mm/1495mm(後期型は1485mm/1495mm)
フロント純正5mm外し+15mm、リヤ純正5mm+10mm:1505mm/1525mm(リヤタイヤ外側部での総幅<空気圧2.5>:1810~1820mm)
2001年996GT3Cupのトレッド:1515mm/1578mm 
[PR]
by minamitsubame | 2007-10-13 20:38 | Porsche