www.99663.com

<   2007年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

アイメック横浜走行会 in FSW

c0004915_20385226.jpg
アイメック横浜走行会に参加しました。今日はとても天気が良くて、綺麗な富士山を久しぶりに見ることができました。暑い日に走るといつも頭をよぎることがあります。それは「プロドライバーはすごいなぁ」です。ヘルメットの中で汗が流れるのを感じながら走るのは正直地獄です。あの灼熱地獄の中で1時間前後もレースをするなんて想像を絶します。
c0004915_2039211.jpg
さて、天気は良かったのですが、走りの方はダメダメでした(涙)。確かに走行台数も多かったですし、気温も高かったと思います。それでもクリアラップは取れましたし、それなりのタイムを出すことは出来たはずなのですが、全く乗れてませんでした(悲)。なぜか今日は5秒台が精一杯。言い訳のしようもありません。車の動きを感じてコントロールすることが全くできませんでした。同乗走行して頂いた澤選手のタイムはエラーが出てましたし(Oh My God!)、ついてない。。。

しかし、澤選手の同乗走行自体は貴重な体験でとても為になりました。自分の車をプロに運転してもらえるのはすばらしいことです。インカーではラインは分かっても、掛かっているGを体感できません(でも、アイメックのDVDは買いましたし、今回の走行前に何度も見ました、笑。情報量は同乗走行の方が多いということです。リプレイできませんが)。今回助手席でプロがドライブするGT3を体験できたわけですが、自分が普段運転席で感じているよりもはるかに強烈な加速G・減速G・横Gを感じました。UTMさんの助手席に乗った時もそうだったのですが、どこに荷重が移動しているかがはっきり分かりました。タイヤにどの程度の荷重が掛かっているかを直に体験できる貴重な機会を頂けて、本当に良かったです。この同乗走行で(運転中にレクチャーまでしてもらいました!)、自分がどんな走りを目指せば良いのかを知ることが出来ました。さて、来月から頑張ろう!出直しです!

More
[PR]
by minamitsubame | 2007-04-30 21:15 | Porsche

E87 AC-schnitzerリヤルーフスポイラー&RacingHart RS451

我が家に帰って来たばかりにも関わらず、ちょっと手を入れてしまいました。他にやりたいことはイカリングの白色化とフロントリップスポイラー装着、ダストの少ないブレーキパッドへの変更、ですが、イカリングの白色化だけで終わりにするかも・・・。「スタディ」ステッカーを頂けるまでお店に通うのは無理っぽいですねぇ(笑)。
c0004915_20595989.jpg
ホイールをRacingHart RS451に変更しました。18インチなので2インチアップですね。タイヤがランフラットタイヤではないので、パンク修理剤を積んでおかなければなりません(まだ買ってないや、マズイなぁ)。ホイール換えただけでもかなり印象が変わりました。
c0004915_214227.jpg
リヤビューです。AC-Schnitzerのルーフスポイラーを装着しました。数あるルーフスポイラーの中でAC-Schnitzerを選んだのは「コネクションロッド付」だから。リヤガラスとスポイラーを繋ぐクロームのロッドがお洒落です。スポイラー自体が少し跳ね上がった形状になっているのも気に入ってます。ガムテープが貼ってあるのは接着剤が完全に性能を発揮するまでの補強です。24時間で十分と言われましたが、まだ貼ったままです。ゆっくり剥がしてる時間がないだけです(笑)。
c0004915_2153592.jpg
純正状態よりはるかに精悍さが増したリヤセクション。この車に限らず、現行型のBMW車は面と線の使い方が洒落てると思います。親の320iも素晴らしく美しい車ですし、このデザインには惚れ惚れしてしまいます。「つるん」としたお尻にピョコッと飛び出したルーフスポイラーが可愛く見える角度です。
c0004915_21133251.jpg
真後ろから。固定のガムテープが中々グッドでしょ(負け惜しみ)。優しそうなリヤ周りのパーツの中で、255タイヤだけがスポーティさ(凶暴さ?)を醸し出しています(かな?)。太いリヤタイヤがガッシリ路面を掴む姿がFRハッチバックには似合うと思ったので、この太いタイヤサイズには満足しています。ちなみにリヤタイヤはこれでも完全にフェンダー内に納まっています。まずいのはフロントで、225タイヤはフェンダーから微妙にはみ出しています。滅茶ギリのツライチなのですが、ディーラーと車検はNGでしょうね(タイヤの入れ替えが面倒だなぁ)。リヤガラスに貼ってある楕円形のステッカーは「アイメック横浜」のものです。アイメック横浜はポルシェのお店ですが、僕にとっては「お約束」なんです。結構BMWにも似合うステッカーだと思いますよ?
[PR]
by minamitsubame | 2007-04-29 21:14 | BMW

E87 初めて見た外装色:ハバナ

c0004915_1273742.jpg
dying breedさんのお車です。ハバナの外装色に、ベージュのボストンレザーインテリア。ハバナがこんなにE87にマッチするとは思いませんでした。僕がE87購入した時には、どこのディーラーにもディスプレイされていなかったので考慮しなかった色なのですが、「しまった~」という感じです。大人の雰囲気が溢れていてすごくエレガントじゃないですか!マズイ、ハバナ色のBMWが欲しくなってきた(笑
[PR]
by minamitsubame | 2007-04-28 12:21 | BMW

ミッションマウント交換

今回のトラブルは、レブ付近でシフトアップすると「ドン!」という室内に響き渡る音と腹に響く振動が出るようになった、というものでした。はじめて気付いたのはサーキット走行中だったのですが、「こんなだったっけ?クラッチの繋ぎ方が悪いのかな?」とさほど気にせず、しばらく放置していました。色々クラッチの繋ぎ方を変えてみたのですが、徐々に音と振動は大きくなり、「ガラガラ」というニュートラル時のクラッチ音も激しさを増してきました。それでも3回以上サーキットを走ってしまったのですが、音と振動が「このまま走るのは危険だろう」と感じるレベルになってしまったことと、4000~5000回転でのシフトアップでも音と振動が出始めたので、30日のアイメック横浜走行会を前にしてついに我慢できなくなってしまい(実は、UTMさんと行くはずだったFSWのイベントも怖くてキャンセルしてます)、アイメック横浜に「何とか間に合わない?」と泣き付いたのです。

「シャラシャラ」と何かを引き摺る音がウインドウを開けて走ると聞こえるようになっていたので、クラッチ系(特にレリーズベアリング)に原因を求めてクラッチOH覚悟での入庫だったのですが、原因はクラッチもろともミッションを降ろす前に判明しました。壊れていたのはミッションマウントだったのです。
c0004915_16445930.jpg
GT3のミッションマウントにはゴムブッシュが圧入されています(ちなみにカップカーはゴムブッシュではなく完全なリジットマウントです)。そのブッシュにヒビが入ったり、部分的に裂けたりするのはGT3には良く見られることのようですが、僕の車ではブッシュは千切れ飛んで無くなってしまい、ミッションそのものの位置がずれていました。
c0004915_16452453.jpg
新品のミッションマウントを組んだ状態と比べると、いかにひどい損傷だったかが良く分かります。こんな状態でよくサーキットを走っていたものです(汗)。
c0004915_16454065.jpg
外したミッションマウントを分解した写真ですが、凄まじい状態ですね。アイメックの方にも「ここまでひどい状態になっているのは見たことがない」と言われました(滝汗)。変だな、と思いつつもサーキットを走ったのが悪かったのでしょう(当たり前ですね・・・)。

ミッションマウント劣化の症状としては、「横Gが掛かった状態でのシフトチェンジに支障が出る」ことが最も多いそうです。今思い返せば、FSWの300Rで3速から4速にシフトアップする時、微妙な角度を付けないとギアが入らなくなったのが初期症状だったのだろうと思います(横G掛かってるしこんなもんだろ、と大して気にも留めてませんでした)。

今回交換したミッションマウントは997品番の純正品(997 375 033 03)です。996にも問題なく使用できるあたり、さすがポルシェ、という感じですが、品番を見るともうすでに3回も改良されていることが分かります。今回はボディへの影響を考慮に入れてリジットマウントは見送りましたが、997品番の純正品も長く保たない、ということが分かれば、次回は強化マウントもしくはリジットマウントにするかもしれません。
c0004915_22161473.jpg
マウント交換後、あの「ドン!」という音と振動はとりあえず無くなったようです。30日にFSWで最終確認してきます。

追記:全然記事とは関係ないんですが、01モデルからシンクロが鉄製に換わっているというのは本当なのでしょうか?本当なら、すごい嬉しいことなんですけど・・・。
[PR]
by minamitsubame | 2007-04-27 12:30 | Porsche

Good Bye & Thanks, RB1

c0004915_2144293.jpg
平成18年3月からわずか13ヶ月のお付き合いだった「青い眼の貴婦人」。次男誕生と共に我が家にやってきたのですが、彼女にはとてもお世話になりました。次男のミルク離れと共に彼女の存在意義が薄れてしまったのでお別れになりますが、この13ヶ月間、本当にありがとうございましたm(_ _)m 次のオーナーの所に行っても、子供に優しい車でいてくださいね。

さて、我が家にE87が帰って来ました。とても150psとは思えないほどトルクフル、かつ重厚感溢れる走りは走行距離20000kmを超えても変わってません。久しぶりに都内までE87で出かけましたが、RB1とはまた違った快適さがあって良かったです。
しか~し、RB1に純正装備されていたバックカメラに慣れすぎて、E87の車庫入れが下手くそになっているのには参りました。リヤだけパークディスタンスコントロールを装備しているのですが、バックカメラには敵いませんね。追加装備するか悩むところです。
[PR]
by minamitsubame | 2007-04-21 21:53 | diary

Lamborghini "Gallardo"

突然で驚かれるかもしれませんが、Lamborghini "Gallardo"が僕の愛車になりました。
c0004915_6251692.jpg
・・・はい、申し訳ございません、「ウソ」でございます。あまりにバレバレな嘘で芸が無かったかと反省しておりますので、なにとぞ御容赦頂ければと思っておりますm(_ _)m

この車は、NSX時代のお知り合い、Bianco Cygnusさんの愛車です。このガヤルドの前は赤のNSXにお乗りだったのですが、いつの間にかランボルギーニ・オーナーになっておられました。

現在ランボルギーニ・ブランドは独企業(Four Silver Rings)が所有していると記憶しておりますが、それでもイタ車の雰囲気は全く失われていないように思います。個人的な話で申し訳ありませんが、僕はムルシェラゴよりもガヤルドの方が好みです。ちなみに僕はV12フェラーリよりV8フェラーリの方が好きです。僕にとってイタリア車は格好良いと思えるかどうかが全てです。「どう?この車、格好良いでしょ?」と自慢できなければ僕にとってはイタリア車ではないのです。ムルシェラゴも格好良いですが、僕はこじんまりしたガヤルドの方に「ランボルギーニ」という有無を言わさぬ迫力と美しさを感じます。同じようにV12フェラーリよりもV8フェラーリの方に「フェラーリ」という他に類を見ない優雅さと曲線美を感じるのです。

それにしても、所有することは叶いませんが、フェラーリとランボルギーニは良いですね。国産車やドイツ車にはない「美しさ」があります。この手の車で優雅にドライブできるような、そんな身分になりたいものです。頑張って仕事しよう(笑)。

Automobili Lamborghini Japan "GALLARDO"
[PR]
by minamitsubame | 2007-04-20 06:33 | Others

01モデルのミッションに手を入れる?

クラッチの状態が今ひとつに感じられるというのは以前から書いている通りです。それは今週末にアイメック横浜で診て貰うので良いのですが(どうやらクラッチのOHになる模様です、笑)、来シーズン(今年の冬~、ですね)のタイムアタック時期に向けて、ミッションのアップデートを目論んでいます。

c0004915_10182252.jpg僕のGT3は01モデルで、3速と4速が99、00モデルと異なっています。見事に01モデルだけローギアードな設定になっています(真の理由は不明ですが、GT3をカタログモデルにするにあたってポルシェAGがギア比をテストしたのではないか、と個人的に推測しています)。その結果、街乗りでは3速がワイドなので走り易いのですが、サーキットでは最も多用する3速の加速がかったるく、何か損をしている気分になります。
そこで、3速と4速を本来のギア比(1.56と1.21)に組み直すことを検討しています。これだけでもかなり効果的と思いますが、3速ギアと4速ギアの交換だけで済むかは分かりません。作業が大掛かりになってしまうならコストパフォーマンスが悪いので考え直さなければなりませんが、それはアイメック横浜で相談してみないと分かりません。そしてついでに4.0ファイナルを投入するつもりです。そうすれば加速性能は4.0ファイナルを入れた00モデルと同等になります(嬉)。


タイムアタックをする冬までには余裕がありますから、新たなブレーキングポイントを探したり、各コーナーで何速を選択するかを試す時間も十分あります。ちょっと卑怯な気もしますが、58秒台には間違いなく入れるでしょうし、うまくいけば57秒台を狙うことができそうです(僕の腕じゃ無理か・・・)。しかし、この計画を実行するには問題があります。それは、資金をどうやって捻出するか、です。さすがに大蔵省(古ッ)の許可は降りないでしょう(困)。さあて、どうしようかな・・・。
[PR]
by minamitsubame | 2007-04-19 22:42 | Porsche

120iにMスポのエアロをつけたいぞ!

こちらお取り付け可能となりまして、概算となりますがそれぞれお見積もりさせて頂きますと、
○フロントバンパー(フォグランプ流用)概算約¥160,000
○サイドスカート概算約¥150,000
○リアバンパー概算約¥170,000
○130用リヤディフューザー¥13,650
以上にてそれぞれ交換頂けます。
純正部品の正確なお見積もり・お取り寄せには車体番号が必要となりますので、お気軽にお電話等でご相談下さい。

ちなみにACSのルーフスポイラー(コネクションロッド付き)は
¥103,050
で交換可能です。

informed by Studie AG
[PR]
by minamitsubame | 2007-04-18 03:12 | BMW

FISCO SPECIAL STAGE TRIAL

今日はUTMさんとFSWに行ってきました。目的は「Fisco Special Stage Trial」参加です(僕は見学&秘密兵器運搬)。20分×2本の走行枠内でベストタイムを競う、というFSW主催のイベントです。僕も参加する予定だったのですが、車の調子が不安だったので見学にしました。
c0004915_21415379.jpg
さて「Fisco Special Stage Trial」ですが、2部門に分けられています。JAF公認競技扱いの「JAF部門」と、そうでない「クローズド部門」です。僕ら(走ったのはUTMさんだけですけど)が参加したのは「クローズド部門」。さらにエンジン排気量によってライト級、ウェルター級、ミドル級、ヘビー級、スーパーヘビー級と分けられていますが、走行は一緒です。
c0004915_2142791.jpg
天気予報では午前中は雨だったのですが、出発時にはすでに雨は上がり、晴れ間が見えていました(この時点で秘密兵器使用確立は急下降)。FSW到着時は路面はウェットでしたが、みるみる乾き、走行開始時には完全にドライになっていました(見学者である僕にとっては良かったですが、参加者のUTMさんは悔しがってました)。富士山もすごく綺麗で、ちょっと暑い位の良い天気でした(気温はFSW発表では17℃)。

クローズド部門の参加台数は計25台。走行は排気量に関わらず一緒、ということで、いつものスポーツ走行と条件的には変わりません。何が言いたいかというと、ラップタイムの全然違う車との混走、だったということです(これはガッカリ)。クリアラップは比較的取れていたようですが、クラス分けするのであればもう少し走りやすくなるような配慮があっても良いのではないかと思います(そういう意味では、もてぎのスキルアップミーティングαは走りやすいです)。また、排気量による細分化にも配慮が足りません。いくら排気量3600ccでもNAで300psしか出ていない車が、600psのチューンドGTRや排気量7000ccのZ06コルベット、993GT2レーシングと同じクラスというのはどうかと思います。章典が出ないスキルアップミーティングαなら何とも思わないところですが、トロフィーと賞品を出すのであれば不公平だと思いたくなります。まあ、章典と言っても「賞金」がでるわけではなく、楽しく安全に走れればOKなんですけどね。
c0004915_21422796.jpg
金額的には16500円と決して高くは無いですが、何かお得感の薄いイベントです(20分×2本のスポーツ走行なら12600円ですからねぇ)。「JAF部門」でもないのに「車検」なんてあって面倒くさいし、時間が開き過ぎてて暇でした。走行台数に上限があって、スポーツ走行より確実に走りやすいわけでもないです。
このイベント、今年は今回を含めて4回開催されるようです(次回は6月30日)。参加者が増えなければシステムが良くなっていくとは思えませんし、オフィシャルの方々はとても協力的で、しかもイベントを楽しんでおられたようです。次回までに車を直して参加したいと思います。
[PR]
by minamitsubame | 2007-04-14 21:52 | Porsche

E87 130i from Studie's owners

c0004915_23452564.jpg
「Studie AG」のHPにあった130iの画像です。興味があるのは「3D-Design」のフロントリップ。Mスポーツのフロントバンパーとの相性は最高だと思います。すごくエレガントですねぇ。
この組み合わせで取り付けよう、と半ば決めていたのですが、ディーラーに確認したところ、「MスポーツのバンパーはMスポーツパッケージのオーナーにしかパーツとして出てこない」そうです(超ガッカリ・・・)。おまけに僕の2005年式120iにはパーツがあったとしても取付できない可能性が高いらしい(ダブルパーンチ!)。
最後の頼みの綱は「Studie AG」か・・・。なんとかならないものだろうか。どうしても無理なら、AC-Schnitzerのフロントリップにしようと思うが。。。
[PR]
by minamitsubame | 2007-04-12 00:35 | BMW