www.99663.com

純正ローターのヒートクラック

KiyoGT3さんのブログ記事に便乗です。996GT3にはドリルドローターが純正採用されていますが、個人的にかなり気になっていたのが「ヒートクラック」です。もちろんスリットローターでもヒートクラックは生じるのですが、ドリルドローターの場合、クラックでホールが繋がっていきなり割れたりしないか心配で、可能な限り使用を避けてきました。構造的にヤワで耐久性に劣るモノをポルシェAGが純正採用するとは思えませんでしたが、どこまで使って大丈夫なのか、明確な基準が分かりませんでした。今回、それを明確に示してくれる記事をKiyoGT3さんが示してくださったので、忘れないように転載させて頂きました。
c0004915_2073749.jpg
交換基準:クラックが7ミリ以上に成長したか、縁に達しているかしたら交換

ちなみにスリットローターのヒートクラックに関しては、もてぎのスキルアップミーティングαで使われている試乗車(ペースカー)のローターを参考にさせてもらいました。結構バリバリにヒートクラックが入っていても使われているので、スリットローターの場合はヒートクラックを気にせず(限度はあります)、単純に「使用限界まで擦り減ったら交換」と考えています。もし他に明確な交換基準があるのであれば、どなたかお教えください。
[PR]
by minamitsubame | 2007-05-21 20:08 | Porsche