www.99663.com

070504 大黒PA & iMECショートシフト

c0004915_231182.jpg
特に用事があったわけでも何でもないのですが、GT3の風通し(室内とトランク)を兼ねてフラッと大黒パーキングに行ってきました。ウチの駐車場は地下なので湿気が篭りやすいのが欠点です。NSX-Rのシートにカビが生えたくらい(ゾッとしました)湿度が高いです。これからの季節、湿気取りが欠かせなくなります(笑)。
世間はGWでしたが僕は仕事があるのでどこにも行けず。。。大黒までの高速もそれなりに混んでいました。3速ホールドで回転を上げたり下げたりしながらパーキングに向かいました。9時を回っていたこともあり、パーキングにはスーパーカーはいませんでした。964な方々が何台かいましたけど、ちょうどお開きになるところだったようです。時間に制約があったので大型車の出口よりに車を止めてトランクの風通しをしました。↑車全体が写る写真では誤魔化せるのですが、近くに寄ると洗車したばかりなのに大量のタイヤカス痕が!ある種のケミカルやコンパウンドを使えばすぐに落ちるのですが、走りに行く度に落とさなければいけなくなるのでサボってます(汗)。ここまでくるとみっともないですね(滝汗)。無精も程ほどにしないといけません(笑)。虫の痕は我慢できないんですけどねぇ。。。いっそのこと、タイヤカス痕が目立たない黒のバンパーとボンネットに換えようかな(超無精者!)。暑いくらいの天気だったので、バケットの湿気もすぐに飛びました。この後、大蔵大臣から「帰れコール」が鳴る前に撤収。ほんのわずかのGT3ドライブでした。

アイメック製のショートシフトを入れました。タイプ3の改良版でタイプ4になります。耐久性が向上しているということですが、タイプ3を使っていないので違いは分かりません。一緒に購入したシフトノブは良いです。手に馴染みます。ブーツのステッチが緑になっていますが、これはTAKATAのハーネスの色を使って作って頂きました。僕のGT3の数少ないお洒落ポイントです(笑)
さて、ショートシフトですが、ストローク量は純正と比べて非常に少ないです(当たり前ですね)。小気味良くシフトチェンジできます。サーキットでの操作性も良かったです。しかし、僕の使っている激硬ミッションオイルとの相性は今ひとつで、オイルが暖まってしまえば何の問題もないのですが、オイルが冷えている間は1~3速まではホントに入り難くなってしまいました。夏場は我慢できそうですが、冬は普通のオイルに変えないと冷間時にミッションを傷めてしまいそうです。

<追記:平成20年12月27日>
このショートシフトとシフトノブですが、3ヶ月程使用した後、両方とも外すことになりました。このショートシフトを入れることでシフトストロークは劇的に短くなり、ゴクッという硬めで小気味良いシフトフィールになるのですが、純正と違って、ルーズな操作を許容しなくなるので、逆にシフトミスが増えてしまったからです。また、その硬さ故に「シフト操作を無意識に」というわけにはいかず、ブレーキング中のシフトダウンやコーナリング中のシフトアップが苦痛になってしまいました(笑)。シフトノブも質感が高く気に入っていたのですが、周囲の純正パーツの安っぽさの中ではやや浮いてしまうようでしたので、ショートシフトと共に外すことにしました。
そうして純正シフト、純正シフトノブに戻したわけですが、その存在の自然さに思わず失笑してしまいました。安っぽい内装に違和感なく収まる純正シフトノブをみて、「やはり純正が一番か」と妙に納得したのを覚えています。
純正シフトはストロークが長くダルな印象を与える操作感ですが、慣れてしまえば気を遣わず無意識に操作を行うことができます。サーキットでもミスを気にする必要もなく、叩くようなルーズな操作を許容してくれるのが嬉しいです。
[PR]
by minamitsubame | 2007-05-04 23:07 | Porsche