www.99663.com

997GT3RS

c0004915_12544054.jpg早くも997GT3に「RS」がラインナップされた。996GT3RSや歴代RSと同様に、レース参戦を前提としたホモロゲーション用ベース車両である。エンジンスペックだけを見れば997GT3と変わりないようだが、996がそうであったようにミッションもクラッチもボディもまるで別物。ミッションはさらにクロスレシオとなり、シングルマスフライホイールが採用され、リヤエンドのワイド化に伴ってトレッドも拡大している。外装にはカーボンとプラスチック製のパーツを使うことで軽量化を図り、内装にはアルカンタラ素材が奢られている。997ではシルバーとブラックの外装色の他に、オレンジとグリーンが選択できる。しかし、豪勢な変更点と異なり、パッと見の印象は「996GT3RSより艶やかさがない」である。すごくシンプルに見える。これは速そうだ。

http://www.carview.co.jp/news/2/15446/



しかし、「GT3」を964、993世代の「RS」と同じポジションとして考えていた自分としては複雑な心境である。997GT3は997GT3カップカーのデチューン版であり、997GT3RSはレースカーのベース車両である。これは996にもそのまま当てはまることなのだが、一般ユーザーが購入可能なNA車両として、GT3を大きく上回るGT3RSが登場することには戸惑いを感じる。そもそもGT3カップカーとGT3RSが別物(参戦するカテゴリーとレギュレーションが違うのだから当然だ)である以上止むを得ないことではあるが、「GT3≠RS」という図式をまざまざと見せ付けられているようで気分が沈むのだ。
「RS」に特別な感情を持っているオーナーは少なくないと思う。自分は「市販NA最強モデル(RS)=GT3」と認識していた(だからこそ996の市販NA最強モデルであるGT3を買ったのだ)が、GT3RSの存在をもって「市販NA最強モデル(RS)=GT3RS、GT3≠RS」とポルシェAGに宣告されたようでガッカリしてしまう。カップカーのデチューン版であるGT3とレースベース車両であるGT3RS。どちらが964、993世代の「RS」に相当する存在なのだろうか。方やカタログモデル、方や少数限定生産車両。答えは明らかな気もするが、せめてもの救いは自分の車が限定生産車両「前期型996GT3」であるということか・・・。
[PR]
by minamitsubame | 2006-05-31 19:56 | Porsche