www.99663.com

社外品アクセルペダルの比較

GT3のアクセルペダルはブレーキペダルに対してより奥に位置している。ブレーキペダルやクラッチペダルに合わせてドライビングポジションを取ると、アクセルペダルを踏む時には右足をより奥にのばさなければならず違和感が強かった。アクセルペダルを踏んでいるつもりが実はほとんど踏めておらず、不本意なエンストを起こしたりしていた。そこで某HPで紹介されていた「the Third Foot」というアメリカ製のアクセルペダルを装着してみた。76年式~89年式の911に対応するアダプターではあったが、996にも問題なく装着できた(少なくとも自分の場合は問題なかった)。
c0004915_04329.jpg

ところが、アクセルペダルが手前に来て踏みやすくなった反面、フルブレーキングすると画像の丸印のところが踵に当たってしまい、爪先立ちのような格好でのブレーキングを強いられることになってしまった。確かにH&TもやりやすくNSX-Rの時と同じ感覚でいけるのだが、フルブレーキング時にスロットルが開くのは具合が悪い。丸印の部分を踏まないようにブレーキングすると右足が攣りそうになってしまう。ペダル本体とアダプターの間を詰めることでいくらか調整が可能だが、やはり踵に触れてしまいかなり気になってしまった。
c0004915_044263.jpg

そこでアイメック製のペダルセットに交換してみた。クラッチペダルとブレーキペダルは純正のゴムを外して取り付けるため、位置的にはほとんど変化がない。アクセルペダルは純正ペダルの上から取り付けるので、ペダルの厚さ分(3mmくらいか)だけアクセルペダルが手前に来る。それでもアクセルペダルを踏む時には右足を不必要にのばさなくてはならないが、少なくともフルブレーキング時に踵と干渉することはなくなった。街乗りレベルではH&Tはできないが、本当に必要なサーキットでは比較的やりやすそうだ。この状態で13日にもてぎを走ってみて、アクセルペダルがそれでも奥に感じるようなら同じアイメック製のアクセルペダルスペーサーを入れてみるつもりだ。

<追記>
13日のもてぎを走ってみて、サーキット走行中のH&Tは非常にやりやすいことが分かった。アクセルペダルスペーサーは必要ない。街乗りではH&Tをしなければいけないほど高い回転数で走らないので、H&Tをしないでシフトダウンしているが特に問題はない。

[PR]
by minamitsubame | 2006-01-07 00:05 | Porsche