www.99663.com

初サーキット走行 スキルアップミーティングα

納車された翌日だというのに、あろうことかサーキットに行ってきた。左ハンドル右シフトにも全く慣れておらず、ポルシェとRRに慣れる以前の状態。「いきなりクラッシュして納車2日目にして廃車」という不吉な知人の戯言にも一切耳を貸さず(とても気にはしていた・・・)、ツインリンクもてぎロードコースに乗り込んでしまった。今回は走り仲間8人(自分も入れて)と職場の先輩2人の計10人でスキルアップミーティングαに参加した。

サーキットを走るにあたってやったことは、ショップがサービスしてくれた純正スポーツパッド(PAGID製?)交換とタイヤ交換(いきなりSタイヤ!)のみ。他はまんま買ったままの状態。仲間のGT3達はファイナルが4.0になっていたりマフラーが変わっていたりするのだが、本体を手に入れるだけで財布が干上がってしまった自分にはこれが限界だった。ノーマル状態をしゃぶり尽くしてから(そんな技量はないだろうが)手を入れればいいと割り切ることにしている(単に負け惜しみである・・・)。
c0004915_227568.jpg

初めの2本は半年振りのフルコース走行に対するリハビリとペダル操作・シフト操作・車の挙動に慣れることで精一杯だった。Cクラスなんぞで走ったものだから、後から速い車がバンバン来る。おまけにやたらとうるさい車内のノイズ(ロールゲージはミシミシいうし、ガンとかバンとか何かが当たるような音が響き渡る)。恐怖でとてもじゃないがタイムアタックなどできなかった。フルブレーキできずにオーバーランしそうになったり、「シフトが入らない!」と焦ったり、内容は本当にお粗末。それでもなんとかクリアラップを取れて、1本目のベストが2'24"558、2本目のベストが2'24"758。Cクラスの基準タイムを大幅に下回る惨澹たる結果だった。

残りの2本ではなんとかペダル操作・シフト操作に慣れてきてそれなりに走れるようになってきた(もっとも、RRの挙動には全く慣れていなかったが)。仲間の「GT3はちょっとやそっとじゃ壊れないから大丈夫!」の言にも大いに励まされた。それに伴い911の恩恵(RRの強大なトラクションと強力無比なブレーキ)を体感できた。下手な自分がドライバーでもトリッキーな挙動を呈することはなく、比較的マイルドで変化を感じやすい(でも速く走らせるのは難しい)車だと思った。3本目で2'19"742とCクラス基準タイムをなんとか上回ることができ、4本目で当日の自己ベスト2'18"107(ちなみにこのラップのダウンヒルストレート最高速は204km/h。当日全体での最高速は226km/hだった)をマークした。

問題点
1.ド下手な運転技術とチキンハート
2.ブレーキフルードが吹いてしまうこと。ウエスを巻いてタイラップで止めて対処する予定。
3.フルブレーキするとアクセルに付けたアダプターまで踏んでしまうこと。アダプターがブレーキペダルの方まで張り出しているのが原因と思われる。次回までにアイメック製かRUF製に変更する予定。

しかしノーマルだというのにGT3の性能には驚かされた。まさかいきなり20秒切りを達成できるとは思っていなかった(ちなみにNSX-Rでのベストタイムは2'15"7。ファイナル、デフ、ABS、ブレーキ、スロットル&CPU、エアロなど全て手が入った状態で)。車内で聞こえるノイズも多いが伝わってくる情報量も多い。挙動の変化がマイルドで分かりやすく、「自分が間違った運転をしなければ車が裏切ることは絶対無い」という安定感・安心感を感じた。仲間のGT3がファイナル変更のみで2'12"070という驚異的なタイムを出しており、しばらくは「ノーマルで15秒切り」を目指して練習したいと思っている。
[PR]
by minamitsubame | 2005-12-17 22:27 | Porsche