www.99663.com

購入決定!<2002年式E46M3>

結局「左ハンドル」という条件だけは妥協することになったが、「ラグナセカブルーでMT」という車両を購入することに決めた。まあ、日本の道路事情と自分の慣れを考えれば、多少構造上不利であっても、パワーダウンすることがあっても、我慢することはできるだろう。右ハンドル車で妥協する気になったのは、純正シフトのストローク量の多さ。カチカチッとしたシフトに慣れていたせいか、「こりゃダメだ・・・」と思うに十分な違和感の大きさだった。特に右左折時。シフトダウンに意識が集中してしまい、周囲の状況にまで注意が回らないのだ。慣れれば済むことかもしれないが、それまでに無用な危険を犯す必要はないだろう。

・・・と、理由はもっともらしいが、実のところは「早く欲しかった」。この一言に尽きる(笑)。一応納車は11月初旬ということになっているが、今から楽しみで仕方がない。

10月22日、晴れて正式に契約してきた。自宅から4時間もかかるディーラーで車を購入するのは初めてだ。しかし、担当の方(実は所長さん)がE30 M3エボリューションに乗っていて、サーキット走行についての話題で盛り上がれたのは予想外の出来事で嬉しかった。

さて、購入にあたり試乗させてもらった。まずは外観を舐めるように観察する。フロントには飛び石による小傷すらなく綺麗な状態だった。純正フロントホイールにガリ傷があったが、どうせすぐにお蔵入りしてしまうので気にしない。純正ドリルドローターはもちろんレコード盤にはなっておらず、わずかなヒートクラックさえなかった。車に乗り込むと、純正MDプレーヤーをCDプレーヤーに交換してもらったためか、やや埃っぽかった。エンジンは一発で始動。前回はCSLの太い排気音とレスポンスの良さに霞んでしまって平凡に感じてしまったのだが、十分勇ましいエンジン音と排気音だった。静か過ぎるのが弱点か。

M3の試乗は2回目。クラッチの繋がりに神経質さは全くなく、教習車のような感覚だった。ただシフトストロークが異常に長い。これは正直勘弁して欲しい。直線でアクセルを全開にすると、エンジンはパワフルに全くストレスなく吹け上がる。同じ直6エンジンでもGTRのRB26とはパワーの出方が全く違った(当たり前だ)。トルクカーブがおそらくフラットなのだろう。驚異的な加速なのかもしれないが少し物足りなさを感じてしまった。しかしどこからでもレブリミット目指して吹け上がろうとするエンジンには期待大だ。

純正ブレーキや純正サスペンションはわずかな試乗では判断できない。まあダメなら換えるまでのこと。納車後の楽しみというものだ。

全体としてGT3を試乗させてもらった時と同じような印象を受けた。RRとFRを比較できるレベルの試乗ではなかったが、少なくともエンジン・ミッションに関しては大した差を感じなかった。フラットなトルク特性でパワー感を感じさせない良くできたエンジン、シフトストロークの無駄な長さ、これらは共通のようだ。トラクション・旋回性能・コントロール性・メンテナンス性などは納車されてから友人のGT3とゆっくり比較してみようと思う。
[PR]
by minamitsubame | 2005-10-19 19:37 | BMW