www.99663.com

PCJ菅生走行会

長々と引っ張ってきた菅生編ですが、いよいよ最終章に突入です。
・・・単にネタ切れなので小出しにしたかったのと、写真が多かっただけですが(汗

PCJ東北支部主催のSUGO走行会にビジターとして参加させて頂きました。
SUGOは前回NSX-Rで走って以来です。3年ぶり・・・くらいでしょうか。
午前4時に蓮田SAに集合し、SUGO最寄りの村田ICを目指して東北道を北上しました。
c0004915_15593043.jpg
途中、国見SAで休憩・朝食・給油を行いました。
今回は5台でSUGOに向かったのですが、その全てが水冷911、しかも996。
こういう組み合わせは最近では珍しいかもしれませんね。

「スポーツランド菅生」には午前8時すぎに到着。
蓮田SAまでの道のりを含めて、自宅からだとゆっくり走って6時間弱かかりました。
距離感としては鈴鹿へ行くのと大差ないですが、都内を抜ける分、SUGO行きの方がややしんどいです。
鈴鹿に行くのに都内を抜ける必要がある場合は、鈴鹿行きの方がしんどいのでしょうけど(笑

PCJ東北支部の方々にお会いしてご挨拶させて頂いた後、早速スポーツ走行の準備に入ります。
今回の走行会は菅生で行われるSuper耐久の前座として、シビックレースとの合間に行われました。
もてぎで行われたSuper耐久の前座として行われた壮行会にNSX-Rで参加したことがありましたが、
レースではなくても大勢の観客の前で走るのは、やはり気分の良いものです。

SUGOを走るのは今回で2回目、とはいえ、前回走ったのは3年前です。
コースは何となく覚えていましたが、クルマは996GT3に換わっています。
5〜6周ほどかけてコースを思い出し、タイヤを暖めた後にアタックを始めたのですが、
「あれ?ここって全開で行けなかったっけ?全然無理じゃん!」
「ここの縁石ってこんなに低かったっけ?乗っかっても大丈夫なのかな?」
「こんなに回り込んでたっけ?しかも下ってるし!」
「最終コーナー、踏めね~!怖ェ~!」
万事がこんな感じ(爆)。自分がプロデュースする出来の悪いジェットコースターに乗っているみたいでした。

ちなみに、SUGOではP-LAPもHKSアタッカーも使えないのですが(一応試しました)、
ホームストレートにある電光掲示板でタイムを確認することができます。
1コーナーに向けてブレーキングするタイミングなので、しっかり見れるかどうかは保証範囲外ですが。

大体1分42〜43秒台で周回していたようです。
40秒を切りたいなぁ、なんて色気を出してみましたが、残念ながら大きくはアップせず。
クーリングラップを挟んで再度アタックしましたが、ラストラップの41秒台後半がベストでした。
反省点がいくつかあるので、それを改善すれば40秒台には乗りそうですが、
40秒を切るのは難しそうです。次回走るのが楽しみですねぇ。PCJ東北支部に我々をご紹介下さった方のおクルマです。
今回は本当にお世話になりましたm(_ _)m
O氏にもお礼申し上げます。

こんな貴重なマシンを目の前で見れるだけでも幸せなのですが、同じ枠でコースを走れて、
なおかつ、何度も抜いて頂ける(笑)とは・・・幸せです、幸せすぎます(爆)
次回はもうちょっと頑張りますので、ご指導の程、宜しくお願い致します(実はちょっと悔しい)。さて、SUGOから帰ってきて、まだ幾日も経っていませんが、
「またこのコースを走りたい」
この感覚は鈴鹿のレーシングコースを走った後に感じるものと同じです。
FSWやもてぎを走った後の「また走りたい」という感覚とは違うんです。
「走ること」そのものではなく、「このコースを」走りたい、と思うわけで・・・。
走ったことのある方には分かって頂けるとは思いますが(笑

今回ビジター参加を快く受け入れて下さったPCJ東北支部の皆様、本当にありがとうございました!
次回は泊まりでお伺いしたいと思いますので、今後とも宜しくお願い致します。
[PR]
by minamitsubame | 2008-11-06 03:59 | Porsche